2014年12月21日

北朝鮮のパロディ映画上映中止

ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが北朝鮮からサイバー攻撃を受け、北朝鮮金第1書記暗殺のパロディ映画の上映中止を決定したという。そもそも何故北朝鮮を怒らせる映画を制作したのか訳がわからない。

北朝鮮のサイバー攻撃がすごいというのは、恐ろしい事だ。

オバマ大統領は、「場所と時期、方法を選んで相応の対応をとる」と言っているが、これからどうなることやら。
posted by yoshii | 今の話題

上ブログ
Googleページランク